1. ホーム>
  2. 部門のご紹介>
  3. 「特殊外来」発達療育外来

部門のご紹介 - 「特殊外来」発達療育外来

当院では、発達療育外来を行なっております。
各専門医療スタッフが、チームを組んで発達療育に関する具体的な相談をお受け致します。
発達療育外来の内容は下記のとおりとなっております。お気軽に、お越し下さい。

診 療 日 : 毎週 水曜日 午後 1時30分 ~ 4時00分
場  所 : 小児科外来
費  用 : 医療保険の適用となりますので、それ以外に特別な費用はいただきません
対  象 : 在宅の重症心身障害児(者)の皆様を中心におこなっております
利用方法 : 小児科外来での予約制といたします

診療内容は、6つの部門がチームでサポートいたします


内  容専門スタッフ主な相談の内容
医師診察 小児科医師 診察と医療全般について
看護相談 看護師 経管栄養の注入方法と日常生活について
リハビリ相談 理学療法士 評価と訓練及び補装具等について
栄養相談 管理栄養士 経管栄養・日常の食事と栄養管理について
生活相談 児童指導員 福祉関係と補装具等について
歯科診療 小児歯科医師 毎月、第2・ 第4水曜日の午後から歯科診療

当院では、自宅にて療養生活を送っておられる患者様や御家族の方が安心して過ごせるように全医療チームで援助いたいます。

療養相談

療養生活においての食生活、薬の服用、リハビリテーション、床ずれ防止についてなどの不安や心配事についてのご相談をお受けいたします。
ご希望の方は、小児科外来でご予約下さい。
その他、どんな事でも結構です。お気軽に
小児外来までご相談ください。

お問い合わせ先

詳しくはこちら>>

療育指導室

療育指導室とは?

 重症心身障害病棟、在宅重症心身障害児者の通所事業を主に担当する部署です。
 主に重症心身障害児者の方々に対する福祉の部分で関わり、利用者の皆様が潤いのある充実した日々を過ごせるように療育活動を行っています。

療育指導室の仕事

  1. 重症心身障害病棟、通所事業での療育活動・季節行事等の実施、生活援助、環境整備、家族支援、発達検査実施、福祉相談対応・入所契約等の福祉的コーディネート、関係機関との連絡調整
  2. 一般病棟におけるレクリェーション実施
  3. 地域支援、利用者支援に基づく特別支援学校・児童相談所・各自治体等との連携
  4. ボランティア活動推進のためのボランティアコーディネート及び事務局

療育指導室のスタッフ

 児童指導員2名、保育士6名、時にパワフルに、時にしとやかに個性豊かなメンバーで構成しています。ぜひご訪問されて下さい。

重症心身障害、療養介護病棟「みどり」の療育

当院の「みどり病棟」には、約80名の方々が、入院生活を送っていらっしゃいます。生活の場となる長い入院生活をより豊かに、生き生きと過ごして頂くために様々な療育活動を行っています。

療育予定表(週間)

 
9:30
~10:30
・部屋別療育 ・全体療育 ・部屋別療育 ・部屋別療育
・個別療育
・部屋別療育
14:00
~15:00
・部屋別療育
・個別療育
・部屋別療育 ・個別療育
・音楽療法
・部屋別療育
・個別療育
・部屋別療育

 部屋別療育では小集団(4~10名程度)で季節に即した様々な活動を行っています。(例:感覚刺激、音楽あそび、散歩、ゲーム、粗大運動など)個別療育では、利用者個人の状態(発達年齢・生活年齢、身体状況など)を踏まえ、マンツーマンでの療育を行っています。
 また、ボランティアとの関わりなど他者との交流を積極的に取り入れています。

年間行事予定表

4月 誕生会
5月 誕生会、病棟外活動(5月~11月)
6月 誕生会
7月 誕生会(七夕)、プール
8月 誕生会
9月 誕生会
10月 秋祭り
11月 誕生会
12月 誕生会(クリスマス会)
1月 誕生会、成人式
2月 誕生会(節分)
3月 誕生会(ひな祭り)

 病棟外活動や季節の行事を行い、単調になりがちな生活に変化や潤いを加え、社会経験が深まるよう支援しております。ご家族の方々も参加して頂き、楽しくふれ合える場を提供しております。


生活介護、多機能型通所事業「めだか」(在宅支援)の療育

目的

 在宅の重症心身障害児・者の方が、地域でご家族と一緒により良い暮らしができるよう支援することを目的としています。
 医療的ケアと日中活動が一体となった環境で、楽しい集団生活を通して個々の発達を促すことができるように療育活動を行っております。
 保護者の方々には、発達や福祉などのご相談にも応じております。

事業内容

対象者 : 在宅の重症心身障害児・者
開所日時 : 月曜日~金曜日(祝日と年末年始は除く) 10:00~15:00
場所 : めだか棟
スタッフ : 小児科医師・看護師・児童指導員・保育士・理学療法士・栄養士
利用料金 : 食費と福祉サービス費の自己負担があります
利用定員 : 原則1日5名程度

スケジュール

10:00
来所、健康チェック
10:30~11:30
集団療育活動  ※木曜日は入浴
11:30~12:30
昼食
12:30~13:30
休息
13:30~14:30
集団療育活動
14:30~
退所準備
15:00
退所

療育内容

・音楽療法(長崎女子短期大学より来院)
・制作活動
・感覚あそび   等々

利用手続きについて

 利用前に、長崎市障害福祉課(居住地)での手続きを行って頂き「地域生活支援受給者証」を取得して頂く必要があります。通所サービスの内容や利用前の手続きについて詳しくご説明致しますので、お気軽にご相談下さい。

問い合わせ先

電話:国立病院機構 長崎病院 療育指導室
TEL:095-823-2261


短期入所「ショートステイ」等について

目的

在宅の重症心身障害児(者)を介護している保護者が、疾病その他の事情により一時的に介護することが困難になった場合、その障害児(者)を短期間施設に入所させることができます。当院では、みどり病棟の空き病床3床で受け入れております(空床型利用)。

利用期間

原則として2泊3日まで(個々の事情により異なります)

利用手続き

 利用前に、お住まいの市町村へ申請し障害福祉サービス受給者証(短期入所)もしくは地域生活支援受給者証(日中一時支援)の決定を受けておく必要があります。
 また、ご本人の状態把握のための小児科受診や病棟見学等も行って頂く必要がありますので、事前に下記担当者までご相談下さい。

利用料金

食費と福祉サービス費の自己負担があります。
(医療ケアが必要な方は医療費の自己負担も発生します)

備考

・必要な着替え、その他衛生物品(オムツ、薬、医療品等)はご持参下さい。

お問い合わせ先

担当者:国立病院機構 長崎病院 療育指導室
TEL:095-823-2261


病院ボランティアのご案内

 当院では、現在、団体で6団体・個人で11名(H24年度活動延べ人数552名)の方にご登録頂き、主に入院されている患者様に対して関わって頂いております。
 お一人おひとり、様々な特技を生かして活動され、入院されている方の生活に潤いや楽しみを提供して頂き、無くてはならない存在となられております。

活動内容(H28年度)

種類 活動団体 内容 活動日 回数 延べ人数
縫製 国際ソロプチミスト長崎 縫製 第4水曜日 10 98
父母の会 縫製 新聞 火・金 24 120
はちの会 作り物 寄贈 1 3
長崎女子短期大学
幼児教育学科
ミュージカル 1 9
行事支援 長崎青年会議所 プール設置
秋祭り、クリスマス会
4 56
寿 次郎 秋祭り 1 1
がんばる又次郎 秋祭り 1 1
アコーディオン奏者LOCO 秋祭り 1 1
リンクオブハート クリスマス会 1 6
利用者支援 カット 散髪 11 94
個人 ふれあいボランティア
実習前の体験ボランティア
120 120
エステ マッサージ 11 70
合計 団体・個人   186 579

ボランティア申し込み手続き

 事前に活動内容の確認や活動における注意点など行わせて頂いております。また、ボランティア保険への加入が必要となります。活動前にオリエンテーションも行っております。
 ボランティア活動を希望される方は、下記の担当者まで事前にご連絡下さい。

お問い合わせ先

担当者:国立病院機構 長崎病院 療育指導室
TEL:095-823-2261

TEL:095-823-2261 FAX:095-828-2616 / 受付時間 初診・再診8:30~12:00 / 休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

ページの先頭へ