• 看護部TOP
  • 看護部ご案内
  • 看護部の紹介
  • 看護単位
  • 教育体制
  • 看護師採用

看護の特徴Introduction

看護部は、時代や社会等の要請と合わせて、一人ひとりの患者さんの特性に応じた看護を実践することを目標に活動し、患者さんのニーズに対応しています。そのために、専門的知識・技術を持った看護師や他職種による相談や専門ケアを提供できるよう心がけています。また、患者さんの療養環境の調整や在宅医療の支援、地域との連携を充実させるため、他職種が連携したチーム医療を推進し、継ぎ目のない看護を実施するよう努めています。



看護提供システム

リーダーを中心として複数の看護師で構成するチーム制であり、受け持ち看護師制を採択しています。

病棟では看護師は交替制で勤務しているため、受け持ち看護師が看護過程の展開と実践に責任を持ち、日々の担当看護師が受け持ち看護師の看護方針に基づいて看護ケアを実践しています。このような状況で、看護師が患者さんの状態を把握しやすく、また受け持ち看護師の看護計画に基いてケアを継続して実践できるよう、「看護チーム」として「日々の看護体制」をとっています。

地域包括ケア病棟では、PNSを導入し、対等なパートナー同士が2人1組で複数の患者さんを受け持ち、その成果と責任を共有し看護サービスの質を確保しています。

また、患者さんのケアでより専門的な知識・技術が必要となった場合や、在宅等での療養環境の調整が求められている場合には、各専門領域の看護師や、他職種の病院内のリソースと連携を取りながら質の高い看護の提供に努めています。


看護師のお仕事ってどんなだろう?長崎病院の看護師の1日に密着!
  • 8:30
    朝礼・情報収集・全体カンファレンス
    出勤したらまず、本日、受け持つ患者さんに挨拶に行きます。この時、患者さんの状態も確認します。その後、カルテや夜勤の看護師から情報を収集します。
  • 8:50
    環境整備
    看護師全員で患者さんのベッドサイドの整理整頓・清掃を行います。
    9:00
    検温・看護ケア・検査やリハビリへの移送
    患者さん1人ひとりの観察と必要な看護ケアを提供していきます。
  • 10:00
    内服準備・入院受け・退院処理・記録
    退院後も内服治療がスムーズに継続できるよう、患者さんに合わせた内服管理に取り組んでいます。
    12:00
    配膳・配薬・食事介助
    患者さんの状態や希望にあわせ、食堂への誘導や食事のセッティング、食事介助を実施します。
  • 12:30
    休憩(昼食)
    病棟の休憩室でお弁当を食べます。たまには職員食堂も利用します。食後はついついお菓子に手が伸びてしまいます。
    13:30
    下膳・内服確認・口腔ケア
    患者さんに合った内服確認や口腔ケアが大切です。
  • 14:00
    多職種カンファレンス・検温・看護ケア・リハビリ・記録
    月・木曜日は退院支援カンファレンス
    火曜日は整形カンファレンスと多職種が参加し患者さんの今後の方向性や目標の設定や情報交換を行います。
    午後からは院内の教育研修や会議などにも出席します。その際は、看護師間の確実な引継ぎにより看護ケアの提供を継続しています。
  • 16:30
    準夜勤者への引継ぎ・記録
    記録の充実を目指しています。
  • 17:30
    退庁
    本日のお仕事終了。お疲れ様でした。

看護師の声

看護師2年目のOさん
私たちの病棟はチームで看護を行っており、患者さんにより良い看護を提供できるように、一つの看護に対して病棟全体で考えています。看護師2年目ですが、先輩方が気掛けてくれて、とても相談しやすい環境で生き生きと働くことが出来ています。
子育て中の看護師 Oさん
子育て中のスタッフが多く、仕事だけでなく、子育ての相談にも乗ってもらっています。育児時間や夜勤免除などシフト面で配慮してもらい、とても働きやすい環境です。子育てしながらも新たに内視鏡検査介助の技術の習得などキャリアアップも図れています。
皮膚・排泄ケア認定看護師のHさん
日々、高齢の患者さんと接することで、看護師としてさらに質の高い看護を提供したいと思うようになりました。看護業務に就きながら、約1年間研修期間をいただき、皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得することが出来ました。長崎病院は、今後どのような看護師になりたいのかという理想を抱くことで、次のステップアップを自ら選択でき、その道をサポートしてもらえる病院です。私たちと一緒に理想の看護師像を探しませんか?